採用情報

HOME 採用情報 新卒採用 先輩社員の声

先輩社員の声

私たちと一緒に働きませんか。

VOICE01

水野佑香

製品開発部

水野佑香

2016年入社

『風通しの良さ』が愛知機械の魅力

「モノづくりって面白い!」「せっかく働くのなら興味のある仕事がしたい!」そんな思いで就職活動を行いました。昔からモノづくりに関わりたいという気持ちはありましたが、 大学でエンジンの分解組立の授業を受けたことで自動車業界で働くことへの想いが強くなりました。そして、愛知機械のことを知った時「自分のやりたいことができる会社を見つけた!」と感じました。

私はエキゾーストマニフォールドなどエンジンの排気系部品の設計業務を担当しています。部品設計の仕事には多くのプロセスがあります。お客さまから要求されている機能や性能を満たすには、どのような仕様や形状にすればいいか、部品に本来要求される機能や性能は満足しているか、これらを実証するためにはどのような実験をする必要があるかなど、さまざまな角度から担当部品と向き合います。

検討を進める上で、同じ職場の方はもちろん他部署の方との連携も非常に多いのですが、『風通しの良さ』が愛知機械の魅力、実際に仕事をする中で本当にその通りだと感じています。

また、私は入社して間もないですが、他のメンバーと共にプロジェクトの一端を担っています。入社前は、入社一年目は担当業務を覚えることが中心、というイメージがありました。しかし、実際は一年目からでも主要な業務をまかされることもあり、とてもやりがいがあると感じています。

VOICE02

酒井 翼

要素製品開発部

酒井 翼

2014年入社

「見て」「触れる」ことができるのは実験部署の醍醐味

大学では化学系を専攻していた事もあり、就職活動当初は化学関係の企業を受けていましたが、「自分の一番やりたい事は何か?」と考えた時に一番に浮かんだのが「自動車に携わりたい」という思いでした。 機械系の知識が無く不安もありましたが、今後の人生を考え、自分のやりたい事を最優先しました。また、愛知機械は『開発』『生産』『調達』が三位一体となっている事にも魅力を感じ、入社を決めました。

私はエンジンの機能・耐久信頼性実験を担当しています。この仕事は、設計部署が検討したエンジンについて、各部品に要求されている機能・耐久性を満たして試作品等を使って評価すること、そして、評価結果を設計にフィードバックするとともに、要求値を満たしていない場合は改善策を設計部署に提案することです。

私の担当部品はシリンダーブロックに組み込まれるピストン、クランクシャフト、カムシャフトなどで、各部品に対する保証温度や強度、耐摩耗性、冷却性能が要求値を満たしているかを検証しています。

実験部署は、エンジンが完成形となって実際に動いているところを見ることができます。自分がいま開発しているものを「見て」「触れる」ことができるのは実験部署の醍醐味だと思います。また、エンジンは部品数も多く制御等も複雑で難しいと感じることもありますが、苦労した実験ほどやりがいを感じ、次の実験へ進む糧となっています。

VOICE03

炭竃俊輝

技術部

炭竃俊輝

2014年入社

「生産現場からの生の声に加工設備を通じて応えることができる」

私は技術部のエンジン技術グループでエンジンの生産ライン、特にシリンダーヘッド、シリンダーブロックの加工ラインを担当しています。新設した生産ラインの設備を安定して稼働させるために、ロス発生のメカニズムの解明や設備異常への対策を生産部門や設備メーカーの方々と連携しながら進めています。

技術部は、生産部門と密な連携が必要となる部署です。「生産現場からの生の声に加工設備を通じて応えることができる」ところが魅力であり、対応の結果は時間当たりの生産台数や設備稼働率といった数字だけでなく、生産現場の作業者からの反響として得られるところにやりがいを感じます。 「みんなで良い生産ラインにしよう」という共通認識で活発な意見交換があり、技術部と生産部門の垣根を越えた一体感のある職場です。時には冗談も言い合えるような良好な関係があり、とても働きやすい環境だと思っています。

技術部に配属された当初は、仕事のスピードに慣れることにとても苦労しました。設備トラブルは製品の生産台数に直結するため迅速な対応が求められます。「いかに早く」「確実に」「安定した生産」を実現することは、設備メーカーを巻き込んでの対応となることも多く難しく感じている部分です。問題が発生したらすぐにグループ内で 共有し、どのような対応をすれば良いか色々とアドバイスをもらいながら日々勉強しています。

VOICE04

野澤香穂

経理部

野澤香穂

2014年入社

「数字やデータから会社の動きがわかるところが魅力」

私は、経理部で、エンジンやトランスミッションの売上高や販売台数の実績を把握し、さまざまな分析等を行っています。具体的には、製品の売上高、販売台数の実績を「出荷する国・地域別」「機種別」「取引先別」に区分し管理し、また、実績の管理だけでなく、売上高等の今後の見通しも立てています。

この仕事の魅力は、売上高などの会社の損益に大きく関係する分野を扱うため、数字やデータから会社の動きがわかるところです。「愛知機械は今どのような製品を製造してどこに出荷しているのか」「愛知機械の製品が日産車のどの車両に搭載されているのか」に詳しくなったのも今の仕事を担当するようになってからです。

ただ、配属当初は専門用語が解らず苦労しました。言葉の意味を理解しないまま話をしても相手に伝えることができず、相手の言うことも理解できませんでした。

色々な人に助けてもらいながら、「教えてもらったことを自分の言葉で整理してから話すこと」
「相手の伝えたいことをまずはしっかり聞くこと」を心がけるようになりました。

職場は誰にでも質問しやすい、相談しやすい雰囲気です。困ったら助けてもらえます。上司に相談すると自分にはない考えや気づくポイントがあるのでとても勉強になります。 今後は現在の担当業務だけでなく色々な仕事に興味を持って自分の仕事の枠をどんどん広げていきたいと思っています。